HOME

各委員会活動

> 青少年交換委員会

各委員会活動

ロータリー財団委員会

委員長・パストガバナー 佐々木 昌敏(小千谷RC)

佐々木 昌敏(小千谷RC)

2017-18年 新保年度ロータリー財団委員会は、委員長・副委員長のもとに下記5つの委員会で構成されています。1カ月1回以上、委員会を開催するなど活発に活動しています。

佐々木 昌敏(小千谷RC)組織図

1.ロータリー財団の研修充実
   とかく財団はむつかしいと言われています。しかし、財団の理解なくして、奉仕プロジェクトの推進、寄付の増進はできません。
地区の研究だけでなく、分区単位の研修、クラブの卓話にも委員会メンバーが出向いて、応援いたします。 声をかけて下さい。
2.ロータリー財団資金の活用
  地区補助金、グローバル補助金の特性を理解して、有効活用していただくよう推進して参りたいと考えます。制約はありますが、各クラブの提案には沿えるよう努めて参りたいと思います。
3.ロータリー財団への寄付増進
  R財団の意義を周知して、財団への寄付増進をすすめるため、各クラブの会長さん、財団委員長さんにお願いして参ります。
・年次基金目標   1人150ドル×会員数
・ポリオプラス寄付  1人 30ドル×会員数
・ベネファクター  10名以上
・ポール ハリス フェロー  各クラブより1名 純増
・ポール ハリス ソサエティ 地区より10名 純増
4.ロータリーカードの加入促進
  カード利用代金の0.3%は、自動的にポリオ撲滅資金に還元されるので、カード会社と提携しながら、個人カード、法人カードの加入促進をすすめて参ります。

<1~4年目:山﨑年度~田中年度 5年目:新保年度>

佐々木 昌敏(小千谷RC)組織図

Copyright©2007 Rotary International District 2560 All Rights Reserved

▲ 上部へ