HOME

> 分水ロータリークラブ

分水ロータリークラブの活動報告

2014-2015年度 1月27日 週報

2015/02/09

 

 

会長挨拶

 

1月も残すところ4日となりました。先週の新年会には多数の方から出席していただき、ありがとうございました。オブザーバーとして出席していただいた3名は、宴席では打ち解けて皆様と酒を交わし、話が弾んだようで二次会までお付き合いいただき、大変盛り上がりました。年度中に3名の会員増強確実と確信しました。日を改めて、増強委員長と挨拶に行きたいと思います。

さて、25日、新潟県に嬉しいニュースがありました。それは、AKB48の姉妹グループでNGT48が新潟市に出来ることです。SKE48が2008年に名古屋市、MNB48が2010年に大阪市、HKT48が2011年に福岡市に誕生し、国内5番目のグループとして、NGT48が今年10月に劇場をオープン予定だそうです。今回新潟が選ばれたのは、日本海側最大の都市で劇場が無いことなどで、3月に第1期生のオーディションを行い、オープンを目指しているようです。また、このニュースに三条市の國定市長が、昨日の『市長日記』で「まず脳裏を過ぎったのは、“Negiccoが可哀想じゃないか!”ということ」、「NGT48が誕生しようとも、Negiccoも共存できる、そんな環境づくりを模索していかなければなりません」とNegiccoを応援して話題となりましたが、イスラム国が日本人を高速、殺害し、暗い思いの中、NGT48は明るいニュースではないかと思います。

 

 

外部卓話

元米山奨学生 ニャンさん 「ベトナムの歴史」

 

ベトナムの歴史についてお話しします。ベトナムは、紀元前から長い歴史があります。しかしその歴史は、「支配への反抗の歴史」でもあります。中国からは約1000年の間、支配されていました。フランスや日本からの支配もありました。1945年の独立宣言まで、支配や侵略などから逃れるための歴史が積み重なってきました。そして1975年までは悲惨な泥沼の戦争が続きました。

紀元前110年から939年まで中国からの支配は、ベトナムにとってより厳しいものでした。人頭税や土地税、労役などの税金の他に、貢ぎ物として、象牙、真珠、金銀細工などがありました。象牙をとるために何人ものベトナム人が危険なジャングル深くまで狩りに行かされました。

そしてついに反乱を起こします。それは女性が中心となった解放運動で、ハイ・バー・チュンという姉妹が中心でした。しかし、漢の光武帝が反乱の鎮圧に走って、姉妹は捕まり、川へ飛び込んだり、首を切られたとも言われています。

12使君の時代に終止符を打ったのは、ディン・ボ・リンという人です。ディン・ボ・リンは巧みに戦いを勝ち抜き、ベトナム独立を確かなものにします。ベトナム人は自らの歴史を「支配と反抗の歴史」と呼びますが、愛国心の強さと侵略者に対する反抗心は、その歴史から多くの独立のヒーローを生み出してきました。

しかし、独立しても侵略の可能性があり、そのために対策をし続けなければいけませんでした。ベトナムはモンゴルから3度も侵攻があり、その全ての戦いに勝利してきました。

これらのベトナムの深い歴史について、振興を深めてもらえれば幸いです。

昔の歴史の中に、侵略や支配があったから、日本人や中国人が嫌いというわけではなく、むしろベトナム人は日本に対して好感を持っていると思います。

ベトナムは共産党しかないので、政治家が代わってもやっていることはあまり変わらないと思います。国内では、公に政治などに関して批判してはいけませんが、ネットやSNS上ではある程度はOKとなっているようです。

 

 

 

会員卓話

川﨑吉明君

新年に、八甲田山に行ってきました。車で行かないと色々迷惑になるので、行きは8時間、帰りは9時間くらいかかって行きました。途中、黒石インターのあたりで車6台を巻き込んだ事故があったようで、いったん下道に降りて、次のインターから青森へ向かいました。

着いてみたら、その日は強風のため山スキーは無し!という看板が立っていました。風速25mを超えるとロープウェイが動かなくなるんですが、次の日は21mまで弱まったので、銅像コースと呼ばれるルートで山スキーを楽しんできました。

深雪でしたが、腰くらいまで雪があっても、穴などに気を付ければ初心者でも大丈夫です。皆さんも是非1度やってみてください。

山スキーをしながら、3日間過ごしてきました。

 

 

 

 

~2012年4月から1年間、当クラブでお世話をした米山奨学生ニャンさん。

今春からは、大手建設会社に就職が決まっているそうです。会員一同、喜んでいました☆

またお会いできるのを、楽しみにしています♬~

 

 

 

活動報告

Copyright©2007 Rotary International District 2560 All Rights Reserved

▲ 上部へ