HOME

> 高田東ロータリークラブ

コンテンツメニュー

高田東ロータリークラブ

例会場
デュオ・セレッソ
〒943-0834
上越市西城町3丁目5-20
TEL025-526-3111
例会日
月曜日(12:30~13:30)

事務局
〒943-0832
上越市本町6丁目1-5
TEL025-525-6524
FAX025-525-1638

E-mail
taeastrc@joetsu.ne.jp

高田東ロータリークラブのRC紹介

2020-21年度クラブ会長の方針と目標

2020/07/07

  クラブ会長の方針と目標

 

 

 

 

 

2020~2021年度

    高田東ロータリークラブ

     会  長 清水 信博

 

 

 

「機会(チャンス)の扉をみずから開こう」

 ホルガ―・クナークRI会長はテーマとして「ロータリーは機会の扉を開く」を示されました。私なりに解釈させて頂ければ、ロータリーに所属している事で様々な「機会の扉」が与えられます。私はこれを「チャンス」と置き換えました。しかし、扉を開けるのはロータリーという組織ではありません。そこに所属している我々ひとり一人が開けるのです。

また、佐藤ガバナーも地区運営方針で「ロータリーで良いことをしよう」と述べられました。同じ価値観を共有するロータリアンが開ける「あらゆる機会の扉」は全て「良いこと」です。その「良いこと」はやがて、我々個々のリーダーシップの向上や組織のネットワークの強化に還元されていきます。

今年度、皆様と共に「あらゆる機会の扉」を見つめ、ロータリーとして必要な「扉」は躊躇なく、勇気をもって、そして主体的に開けていきます。

さて、今年度のスタートは新型コロナウイルスの拡大により全世界が大変な事態に陥っています。「世界が戦争状態に突入している。」とまで言わしめた指導者もいるほどです。

我々ロータリアンは今何をなすべきか?クラブ運営はどう進めていけば良いか?を問われています。まさしく「あらゆる機会の扉」が我々の前に整然と並んでいます。どの扉を開くのか。あるいは、閉じたままが良いのか。メンバーと一緒に悩み、話し合い、方向を導いていこうと決意しております。

 

重点目標

○現在の緊急時での例会、理事会、委員会等各種会議の検討、

新たな運営方法の模索

○クラブ基盤の強化

(長期間中止された例会、地区行事等による退会防止)

○台湾、台北市のRI国際大会への積極的な参加

○「クラブ戦略計画」に基づく戦略会議の開催とロータリー・リーダー

シップ研究会(RLI)への基礎を学ぶ。また、My ROTAY登録の推進

○数値目標 会員の退会防止と入会促進で純増2名(5%)

財団寄付150$ ポリオプラス30$

米山記念奨学金20,000円

RC紹介

Copyright©2007 Rotary International District 2560 All Rights Reserved

▲ 上部へ