HOME

各委員会活動

> 職業奉仕委員会

各委員会活動

職業奉仕委員会

委員長 山田 隆一(新潟RC)

山田 隆一(新潟RC)

本年度地区の運営方針は「クラブと地区の変革をめざそう」です。

ロータリーの職業奉仕の理念は1905年ポールハリスがシカゴでロータリークラブを創立した目的、綱領に「進歩的で尊敬すべき商取引の方法を推進する」と書かれた一文が原点となります。
当時のシカゴはアルカポネの横暴に代表されるように無秩序で無法な自由競争が横行し手段を選ばず儲けた者が成功者という企業活動、社会状況だったのです。そこで良心的なロータリアンが正しい企業倫理、職業奉仕の理念や信念を掲げロータリーの目的に取り上げられたのです。

それから100年以上経った現代、私達の身の回りの社会や会社の状況はいかがでしょうか…。方法や規模、形態は変わっても例えばブラック企業、企業内のパワハラセクハラ、過労死や残業問題と大企業だけでなく我々中小企業でもありうるのがこの企業倫理、職業奉仕の問題です。

地区の職業奉仕委員会としてはそんな身近な問題をクラブの職業奉仕委員会の活動のヒントになるよう会員皆様にロータリーの職業奉仕理念として意識頂けるような活動をしたいと思います。
具体的には地区研修や職業奉仕月間を利用して会員メンバーの会社での取り組みを成功例失敗例として紹介したり話し合ったり出来る場を無理せず手作りで設定したいと考えます。

皆様からのご指導や協力を貰う事もあろうかと思いますが一年間よろしくお願いします。

Copyright©2007 Rotary International District 2560 All Rights Reserved

▲ 上部へ