各委員会活動

青少年交換委員会

委員長 三牧 好起(頸北RC)

三牧 好起(頸北RC)

ロータリーの青少年交換の目的は、青少年の育成と世界平和です。世界100か国以上で実施されている青少年交換は、ロータリークラブによる支援の下、15~ 19歳の学生が海外に滞在し、言語や文化を学びながら、海外に友人を作り、世界市民としての自覚を養うことのできるプログラムです。このプログラムにより、異文化を理解し、国境を越えた友情と信頼を築く機会をもたらすことで、世界の平和を少しずつ実現できると私たちは信じています。
さて、当地区の青少年交換ですが、川瀬年度では、長期交換として受入4名、派遣4名並びに短期交換では受入6名、派遣4名の予定となっております。
青少年交換事業はともすると留学時の活動のみが重要と考えられがちですが、大切なのは留学後、学生がその経験をどう活かすかです。交換留学修了者(青少年交換学友)は、その後もROTEX(ローテックス)としてロータリー活動に参加して、当プログラムによる派遣生、来日学生の留学生活がより良いものになるようにサポートしていただきます。
2560地区では、これまで青少年交換を経験した多くのROTEXがおりますので、川瀬年度ではROTEX会を活性化させて当委員会の事業をより良いものにしていきたいと考えます。

Copyright©2007 Rotary International District 2560 All Rights Reserved

▲ 上部へ