HOME

各委員会活動

> ロータリー地域協働ネットワークセンター

各委員会活動

ロータリー地域協働ネットワークセンター

センター長 パストガバナー鈴木 重壱(長岡RC)

鈴木 重壱(長岡RC)

Ⅰ.基本方針
ロータリアンはもとより、ロータリー家族と共に「地域と協働するロータリー」を具現するため、協働ネットワークセンターを核に地区一体となって活動を推進するとともに、地域の発展に欠かせない防減災意識を高めるため、地区ガバナースタッフと地区内全てのロータリークラブが連携した活動を進めます。
また、他地域での災害復興に資する支援に対しても、ロータリーの理念を基に速やかな対応を目指します。

Ⅱ.センターの活動目的
1.活動を通じて地域に貢献
協力団体と連携を深め、会員相互が地域内での防減災への認識を高めるとともに、広く県民にロータリーへの理解を深めていただく事を通じて、会員増強への一助とします。
2.地区内ロータリアンの互助力・共助力を高める
センターでの活動を通じて会員間のより強固な絆づくりを進めます。
3.危機管理意識の啓発と行動力の強化
防減災セミナーを開催し、いざの備えと安全の確保の大切さを周知します。
Ⅲ.取り組みの概要
1.協働団体との連携強化
関係団体との連携を進め、互尊互助の信頼関係を深めます。
2.緊急時対応の整備
会員の理解と協力の下に、災害への迅速な支援に備えて以下の整備を進めます。
★資機材の提供
★人的資源の確保
★経済的な支援
3.防減災セミナーの開催…平成29年8月5日(土)
目的:地域内関係団体との連携強化と会員の危機管理意識の向上を図ります。
会場: 長岡市震災アーカイブセンター (まちなかキャンパス2階)
参加対象者: ガバナー、地区幹事、地区財務委員、ガバナー補佐、新保年度センターの委員、クラブの登録者(ネットワーク緊急連絡網に登録された担当者又は代理者)

Copyright©2007 Rotary International District 2560 All Rights Reserved

▲ 上部へ